読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマパパの育児日和

新米パパによる、育児日記を中心とした雑記です。

パンパースと息子と私

こんにちは。
育児界のフリーザこと管理人のシロクマです。

「私の戦闘力は530000です・・・」

 

近頃いろんなところでフリーザさんを見ますが、最近は理想の上司としても崇拝されているそうです。

「残業は必ず申請してくださいね。」

とか、かなりホワイトな発言をするそうです。

えぇ、こーゆー上司がいる会社に入りたい・・・(遠い目)

 

さて、今日もSEO対策なんてガン無視でいきます。 

 

 

f:id:iku-zi:20170519180521p:plain

 

資本主義社会という競争社会

資本主義社会となるこの日本では「価値のあるもの・ないもの」「高いの・安いの」「優秀なもの・劣っているもの」と比較され差別化されてきました。全ての人が平等にとはいかず、競争環境にすることでより良いモノ、より価値のあるものが生み出されてきました。

そして昨日、そんな資本主義社会を象徴するようなことが判明したのです。

それは、

 

「パンパース、紫と緑で差別化問題」です!!

 

・・・ん?

 

ええ?!!!

知ってました?!!!Σ(゜Д゜)

 

できる子育てパパ

昨日の晩ですよ。奥さまの「オムツ、なくなりそーなんだよなー。明日まで足りないかなー。」の独り言を「おい、買ってこいよ」というジャイアニズム溢れる命令なのだとキャッチした僕は「買ってきます」の二つ返事でパジャマのまま薬局に。えぇ、もちろんダッシュですよ。奥さまの「秒で買ってこいよ?秒でだぞ?」という目線ももちろん見逃してないからです。これができる夫というものです。

ミッキーマウス柄のパジャマで夜の住宅街を激走するおっさんという悪夢のような恥態から生還し見事オムツをゲット。購入したのはもちろん安心と信頼のパンパースです。何故かって?なんとなく・・・ですかねぇ。いや、ほら、パッケージに「産院での使用率No.1」と書いてあるからですよ。事実、出産時にお世話になった産院でもパンパースを使ってたんですよね。そりゃーもう使わざるをえないじゃないですか。

 

で、奥さまに戦利品を上納したところ、「・・・色が違う」となって今回の件が判明したのです。

 

フリーザのくだりはここにつながります 

よくよく調べてみると、パンパースでは新生児用→Sサイズ→Mサイズ→Lサイズと成長に合わせてサイズ別のラインナップがあるのですが、Sサイズから紫と緑で仕様が別れているそうです。まるでザーボンさんとドドリアさんですね。

なお、一応良質な方は紫のドドリアさんだそうです。よかったですね、ドドリアさん。ようやく同期のザーボンさんを追い越せましたね。故郷のお母様もきっとお喜びですよ。

 

違いはこーなっているようです(他力本願)

xn--n8jub4bvbx433bg1ree1b.com

 

個人的な感想は

両方使ってみた感想ですが、違い、そんなにないです(ドーン)。

まぁしいて言うなら、紫の方がメッシュっぽくなっているのでうんちがペットリしないようですね。メッシュの裏側に落ちるというか流れるというか。そーゆー意味ではいいのかもしれませんが、ま、実際自分で装着しているわけでもないのでわからないですよね!!

身もふたもないまとめで申し訳ないですが、この程度の感想ですのでどっちを買ってもいいのかなって思っちゃいます。ここに気を使うより、日々の沐浴を丁寧にやってあげたり、そっちのほうに気を使った方がいいのかなと思いますね。

ちなみに、どちらも背中とか足の付け根からとか、結局は漏れるから気を付けてください!!