シロクマパパの育児日和

新米パパによる、育児日記を中心とした雑記です。

【検証してみた】ネットショップ業界3位Yahoo!ショッピングの実力

こんにちは。

育児界のポンプフューリーこと管理人のシロクマです。

 

なんか、先週のZIPでリーボックのポンプフューリーって靴が流行ってると特集されたようですが、うん、結構前から流行ってましたよね?やっぱり流行りにもサイクルとかがあるんですかね?ちなみに僕もポンプフューリー持ってます。えぇ、購入はもちろんネットショッピングです。

 

f:id:iku-zi:20170519083538p:plain

と、いうことで昨今配送業者問題でも騒いでいるネットショッピング、特に大手3社の中でも最弱と揶揄される業界3位のYahoo!ショッピングを少し検証してみたいと思います。というより、結構Yahoo!ショッピングってないがしろにされているので、ここらでひとつ完全にYahoo!びいきの記事を書いてみようじゃないかと。

で、一つ注意です。Yahoo!びいきの記事ですからいらぬツッコミは不要ですよw

 

 ●時価総額

先日、ヤフー株式会社の第一四半期の業績が発表されました。それを受けてヤフー株はストップ安になったそうで、時価総額3000億が消し飛んだそうです。

ただ、ライバルで業界2位の楽天においてもその煽りを食らって株価は下落したそうです。投資家の危機管理能力って凄まじいですねw

ちなみに、昨日時点の東京証券取引所における各社の時価総額はこんな感じです。

Amazon:不明

楽天株式会社:1兆7千億

ヤフー株式会社:約2兆8千億

 

ごめんなさい、Amazon時価総額はよくわからないですw 

でもおそらくAmazon時価総額は一番高いんじゃないかなと思うんですよね。だってあれだけ世界規模の会社ですから。Yahoo!も日本では知れた会社ですけど、アメリカYahoo!はつぶれましたからねぇ。たぶん世界規模でみるとAmazonは巨象、Yahoo!が大人の人間、楽天が子供の人間ぐらいの大きさでしょうか。

 

●規模

何をもってして規模感を検証するかは考え方によりますけど、単純なショッピングサイトとしての規模で考えると『商品数』になるかと思います。

本日現在の各大手の商品数はざっくり以下の通りです。

Amazon:約2億点

楽天市場:約1億9千万点

Yahoo!ショッピング:約2億6千万点

 

Yahoo!ショッピングが頭一つ抜けているところでしょうか。

まぁ、当たり前っちゃ当たり前ですよね。だって出店費と月額がゼロ円ですもの。何年か前に方針を切り替えてから出店数が激増したらしく、ここまで規模が大きくなったようですね。にしてもこの商品数ですと、ぶっちゃけどのサイトでもラインナップとしては変わらないんじゃないかと思います。あ、売上は抜群にYahoo!ショッピングが引き離されているそうで、ヤフー株式会社の宮坂学CEOが「周回遅れ」と表現するほどです。

 

 

●価格

ここですよね!ここがユーザーとしては気になるところです。

比較対象とする商品はリピート率の高い日用品と、ネットショッピングの花形である家電、これを比較してみます。ちなみに、家電は先日私的に購入したGoproを参考としております(Goproの購入レビューはいつか記載します!)

①日用品:クリスタルガイザー(500ml×48本入り)

Amazon:1,980円

楽天市場:1,457円

Yahoo!ショッピング:1,579円

 

②家電:GoproHero5Black CHDHX-501-JP

Amazon:42,620円

楽天市場:42,030円

Yahoo!ショッピング:41,570円

 

あまり変わらないですね。金額差もせいぜい数百円程度でしょうか。ま、参考する商品によって異なるところが大きいかと思いますが、Amazonは商品の流通度合によって価格が変わるのが難儀しますよね。例えば人気のゲーム機とかゲームソフトとか。極端に高騰するのがネックですが、それでも「Amazon=最安」というイメージがあるのは戦略によるところが大きいでしょうか。まぁ、実際に安いですしね。でも、商品によっては他と変わらないケースもあるということは覚えておいてもよさそうです。

 

●ポイント付与

単純な価格を幅広く比べていくとAmazonが他を圧倒してますが、楽天市場Yahoo!ショッピングはここが勝負どころですよね。ポイントです、ポイント。楽天市場は『楽天ポイント』、Yahoo!ショッピングは『Tポイント』。Amazonと違いクレジットカードや証券、小売各社と提携してどこでもポイントが包括的に貯まるのが魅力で、ユーザーの囲い込みがすごいです。

楽天市場

通常ポイント:1倍

楽天カード利用:+3倍

楽天カード(プレミアムorゴールド):+1倍

楽天市場アプリ利用:+1倍

楽天モバイル利用:+1倍

合計:7倍

Yahoo!ショッピング

通常ポイント:1倍

Yahoo!カード利用:+2倍

ソフトバンクユーザー:+9倍(プレミアム会員+4倍含む)

(※ソフトバンクユーザーはYahoo!プレミアム会員のサービス対象)

合計:12倍(毎月5月付く日は+4倍)

 

楽天市場Yahoo!ショッピングも結構ポイント付きますね。

各社のカードを使ったり、スマホを使ったりとグループ内のサービスを利用している人にとってはかなり割のいい話だと思います。海外製品とはか割引されて販売されることが少ないですから、こーゆーポイントが付与されると実質的値引きなのでかなりお得ですね。また、Yahoo!ショッピングの場合、ソフトバンクユーザーなら有料会員の「プレミアム会員」と同等のサービスを受けられるので、ヤフオクが使えたり、動画配信サービス『Gyao』を利用できる点がかなりお得感ありです。

※謎なのは、ワイモバイルユーザーは+4倍(プレミアム会員)という点です。

 運営はソフトバンクとはいえ、「Yahoo!スマホ」というのがうたい文句のはず。

  (月額500円の『Enjoyパック』に加入することで+5倍にはなります。)

 

 

●まとめ

使う人の状況によりけりですが、結論として「Yahoo!ショッピングもなかなか頑張っている」ということになるのではないでしょうか?特に、ソフトバンクユーザーなら間違いなくYahoo!ショッピング一択になるかもしれません。

また、たぶんこの記事を読む人の中にはYahoo!ショッピングアフィリエイト料率が低いため設定をしていない人もいるかと思うのですが、結構利用者も増えそうな感じの状態ですので、やはり大手3社は設定として抑えておいたほうがよさそうですね。

 

以上、かなり雑ですがまとめてみました。
ぜひご参考になさってください。